読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Michael 北里のブログ

つらいけどがんばってるから、誰かほめてください。

共同住居(シェアハウス)の契約システムについて

f:id:northtownmichael:20141125114313p:plain f:id:northtownmichael:20141125114342j:plain
オークハウスの入退去の案内1~空室確認と入居ハウスの決定
http://www.oakhouse.jp/

事前にご契約手続きをされた方は、
入居当日のお好きな時間にご自身でご入居いただけます。

仕事柄ちょっと必要になってシェアハウスについて調べてたんだけど
契約に関しては「ホテルとアパートの中間」のような感じかな。

アパートとかマンションに関しては「収入証明書」や「雇用契約書」とか
クレジットカード作る時と同じくらい「私は健全な人間です」
証明しなければいけないんだけど、シェアハウスに関しては
結構ライトな部分が多くて「気軽に住める」ってのもウリの一つだと思う。

もちろん住所になるわけだから「身分証明書」の提示は当然必要だし
不法滞在のような人がポンと住めるくらいに自由奔放なワケでも無いけど。

それでも「上京したい人」とか「住居を決めてから頑張りたい」って人には
心強い味方なんじゃ無いかな?今のご時世は住所が無ければ就職出来ないし
住所を決めようにも仕事が無ければどうしようも無い人も多い状況だったから
その悪循環を打破する画期的な住居システムだと感じるね。

日本は「やっと普及し出した」状況だけどオーストラリアとかヨーロッパとか
海外だとかなり一般的でメジャーな住居とも聞くね。

「皆で住んで家賃が安く抑えられるならその方がいい」って考え方らしいけど
ものすごく合理的、こういうのは積極的に日本でも取り入れるべき。