読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Michael 北里のブログ

つらいけどがんばってるから、誰かほめてください。

料理人は近い将来に科学の力で絶滅する


外食産業を喰い尽くす、3Dプリンタの破壊力 | 外食 | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

すごくない?このニュース、料理人に限った話じゃ無しに
「食に関係する仕事に携わる人」全員を激震させるくらいの一報でしょう。

ここで即座に「ノウハウの構築と導入」の出来る人が次世代の外食産業を
築くのかなとも思う、自分は畑違いなので傍観するだけだけど。

自宅で食べたい物を自由に食べられるようになるから家で食べられない料理を
食べに行く事が無くなる…とは言え記事内でもあるように

完全には無くならないはず、家でも同じ飲み物が飲めるのに自動販売機が
全国そこかしこに存在するように「便利さ」が重視されるだろうね。

f:id:northtownmichael:20141128121030j:plain f:id:northtownmichael:20141128121121j:plain

この「料理プリンター機能を搭載した屋台」とかが流行るんじゃないか?
理屈で「料理のクオリティが同条件になる」って仮定した上で
便利さを追求するなら「立地条件のいい場所」で提供するに限るだろう。

それならオフィス街の一角を陣取れる人と
競合相手の少ない料理を提供できる人が勝つと見た、横浜駅近くの
オフィス街も昼時になると色んな露店のお弁当屋さんがひしめき合うけど
それが「料理プリンター屋」に変わるんじゃ無いかなぁと考えてる。

シェフとかも「エンジニア」や「科学者」に取って代わられる時代になるのか…。

簡単に作れる!彼氏が食べたがってる本当の手料理8選 - NAVER まとめ

そしてプリンター流行りで数多の料理人がすっかり駆逐された後で
「やっぱり人の手で作られたモノがいいな」って事で
一時的にだけど「手料理ブーム」が来るだろうなってのも想像できるね。